yukiyukiponsuの日記

雑記ブログ

質問はCONTACTやコメントでお願い致します。

【初心者向け】WindowsでCoffee Scriptを使ってみよう

この記事をシェアする

WindowsでCoffee Scriptを使ってみよう

 

*この記事はwindowsユーザー向けです

 

こんにちは! ゆきぽんずです

 

今日はCoffee Scriptについて書いていきます

 

この記事のターゲット
  • Coffee Scriptの使い方を知りたい人
  • とりあえずプログラムを動かしたい人

 

この記事の内容
  • Coffee Scriptを使うための前準備
  • 実際のコードを紹介
  • コンパイル方法の紹介
  • 実行方法の紹介

 

Coffee Scriptを使ってみよう(初心者向けです)

 

Coffee Scriptを使ってみたいな

使い方知ってるの?

知らない

どうするのよ

今から調べようかなって.....

はぁ....

しょうがないわね。基礎的なことだけは教えるわ

\(^_^)/

 

前準備

Coffee Scriptを使う前にNode.jsをインストールしてください

 

リンクをクリックしてもらうと、以下のようなページが出てきます

 

*2019/5/12のページ状況です

 

Node.js

 

こちらのページのLTSをダウンロードしてください

 

ダウンロードはクリックすると自動的にされます

 

こちらのNode.jsをインストールできた方は、自分のエディタを起動してください

 

まだエディタを持っていない方は、Atomをオススメします

 

Atom

 

このホームページのdownloadをクリックすると、Atomがダウンロードされます

 

コンパイルのためには、コマンドプロンプトを使用します

 

コマンドプロンプトの起動方法は、こちらの記事を参考にしてください

 

Windows10 - コマンドプロンプトを起動(管理者) - PC設定のカルマ

 

それと最後に、このコマンドプロンプトに以下の内容を入力してください

 

コンソール

> npm install -g coffee-script

 

このnpmコマンドで、coffee-scriptをwindowsにインストールすることができます

 

以上で準備完了です

 

それでは実際にコードを書いていきます

実際のコード

 今回作成したプログラムは、数字をランダムに生成し、その数値に応じて帰ってくる言葉を変化させるものです

 

ファイル名 : random.coffee

 

 random = Math.floor(Math.random() * 5)
 results = switch
      when random == 0 then "my-bot Hello"
      when random == 1 then "Hello"
      when random == 2 then "こんにちわ"
      when random == 3 then "Helloo"
      when random == 4 then "なんだい"
 console.log results

 

Coffee Scriptでは以上のような書き方をします

 

変数の宣言もせず、セミコロンもつけません

 

極限まで無駄を削ってプログラムを作成することが出来ます

 

ただインデント(行間)でプログラムが左右されるので、そこは注意です

 

少しわかりずらいと思うので、詳しく説明していきます

Coffee Scriptはインデントが命!?

Coffee Scriptで書いた2つのコードを見比べてください 

 

上の例で示した正しいコードと、もう一つの間違ったコードを見比べてください

 

正しいコード : random.coffee

 random = Math.floor(Math.random() * 5)
 results = switch
      when random == 0 then "my-bot Hello"
      when random == 1 then "Hello"
      when random == 2 then "こんにちわ"
      when random == 3 then "Helloo"
      when random == 4 then "なんだい"
 console.log results

 

間違いコード : random.coffee

 random = Math.floor(Math.random() * 5)
results = switch
      when random == 0 then "my-bot Hello"
      when random == 1 then "Hello"
      when random == 2 then "こんにちわ"
      when random == 3 then "Helloo"
      when random == 4 then "なんだい"
 console.log results

 

正しいコードは、うまくコンパイルできます

 

しかし、間違ったコードは、コンパイルできません

 

2つのコードの違いは、results = switchの位置です

 

このようにしっかりインデントを考えてコードを組まないと、うまくプログラムは動きません

 

Coffee Scriptは今までのプログラムよりも簡単に書けるからこそ、その分1行1行コードをしっかり書いていかないといけません

 

少し話がそれたので、本題に戻ってコンパイル方法の説明をしていきます

コンパイル方法

 コンパイル方法は、コマンドプロンプトに以下のコードを打ち込んでください

 

コンソール

> coffee -c random.coffee

 

*今回作成したファイル : random.coffee

 

コンパイル方法は以上です

 

次に実行方法についてみていきます

実行方法

実行方法は、コマンドプロンプトに以下のコードを打ち込んでください

 

コンソール

> coffee random.coffee

 

*今回作成したファイル : random.coffee

 

実行方法は以上です

まとめ

今日は、WindowsCoffeeScriptを使う方法について説明していきました

 

まとめると

 

この記事の内容
  • Coffee Scriptを使うための前準備
  • 実際のコードを紹介
  • コンパイル方法の紹介
  • 実行方法の紹介

 

以下のようになっています

 

少しでも参考になっていると嬉しいです

 

今日は、この記事を読んでくださりありがとうございます

 

あなたのそばにゆきぽんず