yukiyukiponsuの日記

雑記ブログ

質問はCONTACTやコメントでお願い致します。

【今を生きやすくするために】もうちょっと「雑」に生きてみないか

この記事をシェアする

こんにちわ! 年間で300冊以上の本を読んでいるゆきぽんずです

 

日頃の競争社会に精神が疲労していませんか

 

そんなあなたに、オススメの本があります

 

今日は、その本の紹介とまとめを行っていきます

もうちょっと「雑」に生きてみないか

f:id:yukiyukiponsu:20190422204012p:plain

 

産まれてからずっと競争社会にいた私たちは、知らず知らずのうちに他人と比べるようになっています

 

自分には自分なりの良さがあるのにも関わらず、他人の優れている部分をみて、自分を卑下してしまいます

 

私もずっとそうでした

 

なんなら今もそういった面があります

 

そんな私の気持ちを軽くしてくれた本が

 

和田秀樹さんの著書『もうちょっと「雑」に生きてみないか』です

 

 この本を読むと自分の心に余裕が持てます

 

なぜ自分の心に余裕が持てるようになるのかを丁寧に説明していきます

「負けちゃいけない」とは考えない

f:id:yukiyukiponsu:20190403150437j:plain

 

 今の現代人は「負けちゃいけない」と思い込んでいます

 

昔ながらの日本教育では、子どもたちに競争意識を植え付けてしまいます

 

そのため何事にも「負けちゃいけない」と思ってしまうのです

 

つまり、自分の気づいていない思いこみに苦しむ人を作ってしまうのが、昔から続く日本教育なのです

 

「相手は自分よりも優れた人なんだ」

「自分の成長が周りと比べておそい」など

 

本来、自分なりの速度で仕事をすればいいのに、周りと比較をしてしまいます

 

そのため多くの日本人は負けに敏感になり「負け意識」が生まれます

 

そうすると、自分なりの能力があるはずなのに、周りを意識しすぎて全く発揮できていないということが起きてしまいます

 

これでは本末転倒です

 

一回、他人と比較するのはやめてみませんか

 

今の自分にできることをやり、「今日の自分よりも明日の自分が、少しだけ出来ることが増えている」ということを目指しませんか

 

イチロー選手もおっしゃっていました

 

決して他人と比べることはできないが、自分は自分なりに積み重ねていくそうすることでしか前には進めない

 

1流の選手でさえ、こう考えているのです

 

他人と比較することをやめ、自分なりに積み重ねていきましょう

「やればできる」は傲慢

f:id:yukiyukiponsu:20190420222001p:plain

 

 世の中には「全部できなきゃ」と考えている人がいます

 

それは傲慢です

 

人それぞれに適性があり、能力があります

 

その人に合ったことをすればいいのです

 

全部できなきゃ」と考える背景には「わたしは期待されている」という思い込みが存在します

 

もし本当に期待に応えたいのであれば、自分のできる範囲の仕事を精一杯こなすべきです

 

「全部できる」のがすごいわけではなく、「自分のできることを最大限にする」のがすごいことなのです

 

さらに、ここにはもう一つ落とし穴があります

 

全部できなきゃ他人に迷惑をかけるかも」という考え方です

 

他人はあなたのことを迷惑だと思っていません

 

なんなら頼られた方が嬉しいとさえ感じます

 

変に気負いしすぎてはいけません

 

たまには、「雑」にやってもいいんです

 

自分だけでやらなくてもいいんです

 

自分なりにコツコツやって、必要な時は他人を頼ればいいんです

 

私の周りで成果を出している人は、みんなそうしてます

 

「雑」に生きましょう! 

「いまがすべて」は精神を消耗する

f:id:yukiyukiponsu:20190412193937j:plain

 

 多くの方が「今を生きろ」と言いますが、ほとんどの方の人生はまだ長いです

 

そんな長い人生を、毎日全力で過ごしていると大変じゃないですか

 

それに「何とかなる」と思っていれば、大抵のことは何とかなります

 

わざわざ「いま」にこだわらなくてもいいんです

 

「いまがすべて」と考えてしまうと、未来の幸せを失ってしまいます

 

「いま」を大切にしすぎた結果、友達を切り捨て、人間関係を希薄にしてしまう

 

それが本当に将来のためになるでしょうか

 

私は友達と過ごす時間が好きですし、何より彼女と過ごす時間が大好きです

 

その時間を限りなく削って「いま」を生きることに、私は価値を見出せません

 

確かに「いま」も大切ですが、「いま」にこだわりすぎて「みらい」を失ってはいけません

 

もう少しだけ「いま」を「雑」に生きてみませんか?

まとめ

今日は和田秀樹さんの著書『もうちょっと「雑」に生きてみないか』のまとめをしました

 

今日お伝えしたかったのは以下の3点です

 

  • 「負けちゃいけない」とは考えない
  • 「やればできる」は傲慢
  • 「いまがすべて」は精神を消耗する

 

この記事を読んで、少しでもあなたが心に余裕が持てていると嬉しいです

 

今日も読んでくださりありがとうございます

 

あなたの人生が少しでも豊かなものとなりますように

 

あなたのそばにゆきぽんず