yukiyukiponsuの日記

雑記ブログ

質問はCONTACTやコメントでお願い致します。

【Microsoft De:code 2020】MR基調講演の要約(リモートワークゴリ推すやん)

この記事をシェアする

Microsoft De:code

 

お久しぶりです。ユキトです。

 

今日は絶賛オンライン配信中のMicrosoft De:code 2020について、私の好きな分野(得意分野と言いたい)であるMRの紹介がありましたので、基調講演を要約してお伝えします。

 

お忙しい人向けに簡潔にまとめましたので、是非読んでいってくださいー。

 

もっと詳しく知りたい方はこちらからみれます。(会員登録とかあるのでめんどくさいですけど、ガンバです)

https://www.microsoft.com/ja-jp/events/decode/2020reg/LoginCheck.aspx

 

少し余談です。

 

今の会社で、エンジニア配属されたというのに、コードを書かずに資料作成やリサーチに多大なる時間を使っています。

 

要約すると、上流工程をしていますということです。

 

ですが、やはりコードを書きたいと思ってしまう今日この頃なのです...

 

さて余談はここまでにして本題に入っていきます。

 

章立てとしては、全体の基調講演、MRの基調講演の2本立てで紹介していきます。

 

全体の基調講演を入れた理由としては、Microsoftさんが何に力を入れているのかを知らずにMR基調講演の要約を見ても「ほほーん。そうなのか」程度のインプットにならないので、まずMicrosoftさんが何に力を入れていて、どんなことをしたいのかを明確にすることで、インプットの質をあげよう考えたからです。

 

今回の要約は、あくまで私が個人的にここが大事だなという部分をさらっているだけですので、是非本編をご自身でみて自分なりに情報をキャッチアップしてみてください。

基調講演 : Power of Tech Intensity

サマリー

Microsoftはリモートワーク環境の構築に力を入れているようで、基調講演では、リモートエンジニアのあらゆるニーズにこたえるエンドツーエンドのクラウドプラットフォーム「Azure」の新機能4つのリリースをしている。

 

さらに、リモート会議等に使用される「Microsoft Teams」にMicrosoft Power Platformの機能を盛り込むことで性能の向上を図り、そしてMicrosoft Power Platformの機能をアップデートすることで、さらなる性能の底上げを図っている。

 

セキュリティの面でも、Microsoft 365・Azure両方でAPIが柔軟に活用できるようなサポートをしている。

 

最後にMRの新サービスを2つ紹介していることからも、リモートワーク環境の構築に力を入れていることがわかる。

mixed Realityの基調講演

サマリー

Microsoftが提供するMRのサービスは、クラウド・デバイス・エクスペリエンスの大きく3つに分類できます。

クラウド

クラウドでは、時間と空間を超えて異なるデバイスで座標を共有できるシステム「Azure Spatial Anchors(ASA)」と大規模で高精度のコンテンツを取得できるシステム「Azure Remote Rendering(ARR)」が紹介されており、どちらもSDKが公開されています。

バイス

バイスでは、「HoloLens2」が紹介され、HoloLensと比べ快適性と没入感が向上しているそうです。2020/07からMicrosoftオンラインストアでオンライン販売開始です。

エクスペリエンス

エクスペリエンスでは、「AltspaceVR」を提供しており、ヘッドマウントディスプレイ(HTC Vive、 Oculus Rift、 Rift S、 Go、 and Quest、 Windows Mixed Reality)で没入感のあるVR体験ができます。(調べたところ無料でダウンロードできるそうなので、遊び放題です)

 

【正規輸入品】Oculus Quest (オキュラス クエスト)- 64GB

【正規輸入品】Oculus Quest (オキュラス クエスト)- 64GB

  • 発売日: 2019/05/21
  • メディア: Video Game
 

 

以上です。

 

なかなかに濃ゆい内容でした。興味が湧いたものは是非ご自身で調べたり、使ってみたりしてください!!

 

*再掲です。Microsoft De:code 2020( https://www.microsoft.com/ja-jp/events/decode/2020reg/LoginCheck.aspx

 

今日の内容は以上になります。

 

今日もブログを読んでくださり、誠にありがとうございます。

 

それでは、またそう遠くないうちにお会いしましょうなのです!!